鈴木石太郎タンス店とは

創業1887年 新潟県加茂市の伝統工芸品「加茂桐簞笥(桐タンス)」の老舗、鈴木石太郎タンス店。​

良質な国産桐材にこだわり、材料の選定から仕上げまでを一貫して当工房にて行っています。

卓越した技術の証 伝統工芸士の資格を持つ兄。
新しいアイデアに溢れる熟練職人の弟。
この鈴木兄弟が、創業以来約130年に渡って代々引き継がれてきた加茂桐箪笥(桐タンス)の製造技術を活かして、"和モダン"な飽きの来ない製品を造り出します。

職人

鈴木石太郎タンス店とは_職人

伝統工芸品 加茂桐箪笥(桐タンス)

桐は、神秘的で気品あるものとして平安時代より人々に親しまれてきました。
そして約220年前より、当時から家具作りが盛んな新潟県加茂市の職人たちは、湿度を調整し内部の貴重品を護るという桐の性質を活かした伝統的な桐タンスを形作っていきました。

金釘を使わずに組み立てられ、驚くほど軽量でありながら重厚な趣をもつ桐タンスは、いつしか高級家具の代表格として広く認められ、昭和初期には嫁入り道具の定番とされていました。

 

伝統と進化

そんな中、約130年前に創業した鈴木石太郎タンス店。
創業以降、長年ににわたって受け継がれてきた伝統技術をベースに、鈴木兄弟が素材の選定から仕上げまでの全ての工程を担っています。

新潟県加茂市の伝統工芸品である、純和風の加茂桐箪笥(桐タンス)を得意としながら、近年は現代のライフスタイルに合う製品も数多く発表しています。
伝統を忠実に継承する職人気質さと、溢れる創意工夫の精神を持って、日々桐タンス・桐小物の製作を行っています。

 鈴木石太郎タンス店とは_画像2

職人たちのこだわり

鈴木石太郎タンス店の桐タンスなどの製品は、天然桐材を3年もの時間をかけて天日で乾燥・渋抜きをし、その後の材料取り、組み立て〜仕上げまでのほとんどを、熟練職人の「手作業」で製造しています。

桐タンスの美しい柾目の抽斗(引き出し)に手を掛けてゆっくり引いてみると、ふうっと微かな風とともに、人の手加減に寄り添うように滑らかに開きます。
その繊細な感触は、熟練職人伝統の鉋(かんな)技によって生み出されます。

 

再注目されている伝統技術

長い時間をかけて、職人が精魂込めて桐タンスを製作をしている一方、近年は家具業界の中でも製造の自動化や材料の輸入が広まり、安値の製品が多数流通するようになりました。
また同時に、洋室の増加など生活様式が多様化しています。

しかしそんな中、昨今の日本文化ブームによって日本の伝統工芸や職人技が再び脚光を浴びており、新潟県加茂市の桐タンスも幅広い世代が憧れを抱く、古き良き伝統家具として認知されています。

鈴木石太郎タンス店_画像3

 

"和モダン"の追求

私たち鈴木石太郎タンス店は、
純和風の伝統工芸品 加茂桐簞笥(桐タンス)を得意としながらも、現代を生きる皆様の生活に馴染むよう、シンプルで飽きの来ない製品を造ることを心がけています。

これからも私たちは、日本に古くから根付く伝統の中に現代らしさを加えた"和モダン"を皆様にお届けします。
鈴木石太郎タンス店が追求する"和モダン"な製品で、皆様の生活が少しでも充実すること。
それが私たちにとっての喜びです。